WINDSPORTSフライトブログ

windsports.exblog.jp

another classic day

昨日の興奮もさめやらぬまま本日も快晴!朝は北風が強いものの減率も積雲の感じもばっちり。最近は営業モードに長いこといたのでしばらく飛んでませんでしたが昨日は久しぶりに飛びました。なんだかんだ下で仕事を済ませテイクオフに上がったのが12時なんで今日のタスクはトライアングルもしくはアウト&リターン。
a0069056_12123749.jpg


しつこく吹いていたフォローがやんだのが1時ちょっと前、テイクオフ前に足尾の月例会タスク(TO→新鬼怒川橋(下妻)→小山工業団地→鬼怒大橋(真岡)→西LD 78km。)の情報を聞いていたので最終ターンポイントの鬼怒大橋でレースの観戦をして板敷に帰るというプランでした。 ブローですんなりと出て最初の600mくらいまではややつかみどころのないサーマルでしたがそこからは+6m/s前後の力強いサーマルで先に出てたS村君と一気に2000m+の雲低へ。見渡すと非常に視程がいいうえにこの高度にしては風速が弱い!程よい間隔で積雲が点在しどこへでも自由に行けて帰ってこれるまさに「Freedom!!」という雰囲気の空でした。おそらく鬼怒大橋アウトアンドリターン自体はまじめにやれば40分切れるような条件です。そのままグライドし益子で1300m→2200mまで上げ鬼怒大橋到着1600m。あらゆる方向のクラウドストリートを使いほとんど落ちませんでしたね。まだしばらく足尾の選手たちが来るには時間がありそうでしたのでさらに西に足を延ばし壬生の方向に足を延ばしてと思っていたら南側に3機ほどのガーグルを発見。かなりテンション高く切れのある飛び方をしていたので戻ることに。たぶん大門・とよたでやや低くシゲトって感じだったのかな~。あれ?ミノルはどうしたのかなと思ってしばらくまた見ているとゆうじが2機ほど引き連れやや低めに登場。ホンダの工場あたりで上げなおしています。結局13人くらいゴールしたみたいですね。さてあまりのんびりしてると板敷に帰れなくなるので2000mで帰ることに、雲の感じ的にはこれでおつりが来るかなと思っていたんですがゴールデンレイクスあたりに来るとやや東の成分が強めになって来ている。。念のためもうひと上げしてファイナルグライド。フライトコンピューターは板敷到着予想高度700と言っていたが岩瀬のダイナムを越えたあたりからどうも手ごたえがおかしい。。やっぱりね~ 本流は東風なんでしょうが板敷峠では結構な勢いで南方向から吹き抜けてる。。VGフルオンにしてしばしフライトパスを観察&計算。しかしどえらく荒れてます。。結局150位あまして到着。最後は吹き流しが東~南爆風の荒れ荒れランディングでしたがなんとか降りることができました。
これからもこんな日が何日かあるのかな。。 今日の条件はポテンシャル的には140~150kmくらいのトライアングルはこなせそうな感じでしたね。(4時でもまだサーマルがあったことを考えると)
春のいい日はすべてのパイロットにとって自分の獲得高度や距離の可能性を飛躍的に伸ばせる時期、ただしそれ相応のアクティブな空気の中を飛ぶのでランディングは風向き、障害物等よく考えて安全係数を高め超慎重にやりましょう。

足尾のトレーニングヒルではN本さん15本ほど練習できたとか。だいぶ初山頂見えてきましたね。がんばりましょう!!
[PR]
by windsportsitajiki | 2009-03-30 12:27 | フライト | Comments(0)